オギヨディオラは韓国の舟漕ぎの掛け声。1958年生まれのオヤジが趣味という数々の島々をたゆたいながら人生の黄昏に向かっていく


by mihira-ryosei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今一番行きたい店、食べたいもの 「たけうち」

 先週のこと。大学時代の後輩Cがテレビ取材で京都に来たので、一杯やることにした。当ブログでもとりあげた本、『冬のアゼリア』を送ってくれた人物である。
 今最も食べたいもの、それをめざして店に向かった。今出川新町を上がり、同志社大学の新町校舎を左に見ながらさらに上がると右手に、「肉と魚と野菜の店」という看板が視野に入ってくる。「たけうち」である。ロケーションからして商売気は感じられない。店内は、アンティークを配置して落ち着いた雰囲気を演出しているともいえるし、アンティークやガラクタやらをただ置いているだけともいえないこともない。やや後者に近い気がする。ジャズどころか、BGMはなにもない。
 
e0065380_20535012.jpg

 おひげのマスターに本日の仕入れ状況を聞き、オススメの料理を聞く。でもその際、「あれはありますか」と聞くのは忘れない。ホワイトボードには書いてなかったので、もしかしてという不安がよぎったからだ。この日、特においしかったメニューは写真を掲出した。まずは、山芋鍋。自然薯をすりおろして、ただただひねって固めて、だし汁に放り込んだだけなのだが、これが歯ごたえよし、舌触りよし、味もよし。

e0065380_20544071.jpg

そしてマスター自慢のビーフステーキ、3800円。どんなホテルの一万円超えるステーキにも負けないと、いつになく強い口調で言い切ったので、注文した。エクセレント!ファンタスティック!!
 そして、あれはあるかと聞いたのが、牛肉焼きおにぎりである。僕が今一番食べたいもの、ここ数年間でも食べたもので最も美味しいものなのだ。
 醤油、ゴマ、山椒風味のタレで焼きあげたおにぎりに、さっと片面だけを炙った牛肉をひらりと掛けて食べる。トロッとした牛肉とごわっとした香ばしいおにぎりとのコンビネーション。それにしても「牛肉焼きおにぎり」という名前は、ベタでなんの工夫もない。いかにもマスターらしい。ああ美味しかった。
e0065380_20572019.jpg

by mihira-ryosei | 2006-03-22 21:00 | 京都なんでも