オギヨディオラは韓国の舟漕ぎの掛け声。1958年生まれのオヤジが趣味という数々の島々をたゆたいながら人生の黄昏に向かっていく


by mihira-ryosei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:糖質制限 Low Carbs( 9 )

怒涛の韓国編 いよいよ感動のフィナーレ!

韓国の至宝、オ・スンファン。
昨夜まで阪神タイガースの絶対的ストッパーであった。とにかくタフ、そしてどんなピンチにもポーカーフェイスから、石のように重い速球を投げ込んでいく。彼が、賭博がらみのスキャンダルでタイガースを去った今年、タイガースはストッパーに泣き続けた。次々と高い金を払い彼の穴を埋めようとしたが、だめダメであった。他方、オ・スンファンは、メジャーで当然のように活躍している。ギャンブルに負けたのは、タイガースの方だった。

では韓国の食の至宝は?
僕はためらわず、キムチチゲをあげる。
単なる庶民的料理ではない。
舐めてはいけないのだ。その奥深さ、複雑さは類をみない。そもそもキムチは天下無敵の食である。最強の発酵食、栄養食、バリエーション無限の汎用食である。
なによりキムチの魅力は、その酸味にある。
すっぱぁーいが、いいのだ。
日本のスーパーで売っている和製キムチ、ありゃいけない。甘味料まみれの代物は、ことごとく酸味を消し去ってしまっている。そんなキムチでキムチチゲを作ってもなんにもならない。

ソウルではキムチチゲ屋に足が向く。
チャンドクテ、カンファムンチップ、ハノクチップ、名店の味もずいぶん堪能した。
が、今回の目的は、グルメではない。
人類の幸福のためこの身を捧げて、低糖質に挑戦することにある。
そして、その日がやってきた。

e0065380_15295537.jpg

e0065380_15311953.jpg

e0065380_15320808.jpg

名もなき店である。
ご飯がうまくなきゃー、メシは美味く食えんだがや〜〜と書いて、釜を陳列している。そして、卵焼きはセルフで食い放題である。何ということだ。
ご飯自慢のキムチチゲ。
低糖質に対する明らかな挑発行為である。
なぜこのような蛮行を労働新聞は非難しないのか?するわけないか。

というわけで、キムチチゲ、ぐっとこらえないでご飯、軽くビール、そして重く焼酎。
名もない癖に、美味いではないか。美味い、美味い、美味い。すっぱぁーい、からーい。

e0065380_15421213.jpg

そして、1時間後、例のを取り出し、計測。

血糖値
94

何ということだ。

チムチチゲと韓国焼酎のコラボは、
多少のビールとご飯は帳消しにしてしまうのか。

酸っぱいから、辛いから、たがら涙が滲んでいるのだ。

感極まってなんかないからな。

韓国の至宝は、キムチチゲにあり。


by mihira-ryosei | 2016-10-10 15:04 | 糖質制限 Low Carbs
いよいよ怒濤の韓国編
長年の大疑問が解決されるか?

e0065380_13145876.jpeg

e0065380_13155244.jpeg
@写真は13度のオレンジ焼  
酎。若い女子に人気、僕が試
したのはオーソドックスな、
チャミスル。

6日29日の深夜、ところはソウル江南。もう日付けも変わっていた0時半ごろ、僕はおもむろに例の測定器をとりだした。
ようやく、長年の疑問が解明されるときが来たのだ。

糖質制限に関心を持ち出してから、大好きだった韓国での宴に躊躇が生まれていた。
日本の焼酎は糖質ゼロであるが、果たしてこの甘い韓国焼酎は大丈夫なのか?
もしこの甘さが加糖によるものなら、えらいことだ。そうなると、韓国ではウィスキーをのぞいて飲めるアルコールはなくなる。
ビール、マッコリ、薬草酒どれも糖質が高い。
韓国ではハイボールは普及していない。
ハイボールが、流行らないものか、流行らせられないものか。店を開こうか。
思いつめていた。

でも、まずその前に、韓国焼酎をさぐらねば、とはいってもその手段を見出すことができずにいた。
これは糖質制限に関心のある韓国グルメ好きには秘かな関心事であることは、「眞露、加糖、糖質」で検索してみればわかる。

そして、そのときがやってきた。

負けられない闘いがそこにはない、が、
とにかく、GO!である。

そのときは、二次会である。
一次会は、焼肉。バクバクと肉を平らげた。そして、二次会。テーブルには豆腐キムチなどのつまみが並んでいる。
僕は、一次会からずっと韓国焼酎を飲み続けている。たくさん、である。

そして計測。


111。ゾロ目である。関係ないか。

どうやら、加糖説は消えた。
人口甘味料の可能性はあるが。

男は、感慨深げに、街角のネオンに目をやると、店内の喧騒も耳に入らないように、ゆっくりと焼酎を飲み干した。



by mihira-ryosei | 2016-09-03 13:05 | 糖質制限 Low Carbs
不可解 一筋縄ではいかない、豚骨ラーメン

麺のことである。
糖質セイゲニストたる僕にとっては、ラーメンなど麺類、つまり小麦粉を遠ざけるというのは辛いテーマである。

いつぞや学食で食べた沖縄そばは、値207である。

しからばと、わざわざアマゾンで取り寄せた糖質オフの豚骨ラーメンの値は、168。
なるほど、効果はありそうだ。
麺自体のボソボソ感はなかなか厳しいが、贅沢の言える身分でもない。

熊本名物の太平燕(タイピーエン)のカップ麺も試してみた。これは春雨麺。
値124。

なるほどなるほど。

そういうことね。
リアル麺の沖縄そばが207。
糖質オフ麺の豚骨ラーメンが168。
春雨麺のタイピーエンが124。
実に分かりやすい。

ということで
その結果に飽き足らない僕は、博多訪問の折に、あえて「上を目指す」にしたのである。
自分の身体を投げ打って、実験に献身する、なんと美しい。

博多の名門、だるま。
豚骨チャーシューラーメンに、半チャーハンを注文した。
カツカレー294を超えていくのだろうか。
そんなわけのわからない期待を忍ばせながら、美味しくいただいたのである。
e0065380_10154038.jpeg

e0065380_10162213.jpeg
食後1時間の測定は、福岡市美術館、ゴジラ展の会場となった。

???
????

173 ?

どーゆーこと?
糖質オフ麺と変わらない。

わからん。

ゴジラ展で会場を歩き回っただからだろうか。

e0065380_10170703.jpeg

わからん。

不可解だ。
豚骨チャーシューラーメン。

ゴジラに、聞いてもわからないだろうから、
井上先生に聞こう。今度。




by mihira-ryosei | 2016-08-23 09:53 | 糖質制限 Low Carbs
不可解 一筋縄ではいかない、豚骨ラーメン

麺のことである。
糖質セイゲニストたる僕にとっては、ラーメンなど麺類、つまり小麦粉を遠ざけるというのは辛いテーマである。

いつぞや学食で食べた沖縄そばは、値207である。

しからばと、わざわざアマゾンで取り寄せた糖質オフの豚骨ラーメンの値は、168。
なるほど、効果はありそうだ。
麺自体のボソボソ感はなかなか厳しいが、贅沢の言える身分でもない。

熊本名物の太平燕(タイピーエン)のカップ麺も試してみた。これは春雨麺。
値124。

なるほどなるほど。

そういうことね。
リアル麺の沖縄そばが207。
糖質オフ麺の豚骨ラーメンが168。
春雨麺のタイピーエンが124。
実に分かりやすい。

ということで
その結果に飽き足らない僕は、博多訪問の折に、あえて「上を目指す」にしたのである。
自分の身体を投げ打って、実験に献身する、なんと美しい。

博多の名門、だるま。
豚骨チャーシューラーメンに、半チャーハンを注文した。
カツカレー294を超えていくのだろうか。
そんなわけのわからない期待を忍ばせながら、美味しくいただいたのである。
e0065380_10154038.jpeg

e0065380_10162213.jpeg
食後1時間の測定は、福岡市美術館、ゴジラ展の会場となった。

???
????

173 ?

どーゆーこと?
糖質オフ麺と変わらない。

わからん。

ゴジラ展で会場を歩き回っただからだろうか。

e0065380_10170703.jpeg

わからん。

不可解だ。
豚骨チャーシューラーメン。

ゴジラに、聞いてもわからないだろうから、
井上先生に聞こう。今度。




by mihira-ryosei | 2016-08-23 09:53 | 糖質制限 Low Carbs
抜群の安定感 肉肉肉

長らく肉は、不健康食の代表選手たる汚名を着せられてきた。ステーキをがつがつ、焼肉をパクパク食べることが、肥満への道、成人病へまっしぐらと見なされてきた。もちろん動物性脂肪は忌み嫌われてきた。
後ろめたさに苛まれながら、我々は、肉を食してきたのである。
糖質制限という考えが世に広まるまでは。

そう!
肉こそ、糖質制限のヒーローである。
砂糖塗れのタレさえ使わなければ、こんなに健康的なものはなーい!

e0065380_15072604.jpeg
8月13日 刺身盛り一人前を平らげ、ひたすら但馬牛の鉄板焼きを食べ続けた。申し訳ない。あまりに浅ましく食べ続けていたので写真を撮り忘れた。500グラムは食べた確信がある。
糖質ゼロビール、糖質ゼロ缶チューハイをガバガバのみ、1時間後、測定値99なのである。

e0065380_15124645.jpeg

さらに、7月31日ステーキを食べた。これも申し訳ない。浅ましくかぶりついたために、写真を撮り忘れた。情け無いことである。さらに、1時間後の測定も忘れるという失態!
数値は、100分後ぐらいだから参考値である。

この日も500グラムは食べ、赤ワインをがぶ飲みしていた。
以下は、イメージ写真。

e0065380_15174509.jpeg
e0065380_15201565.jpeg

沖縄では、しめのステーキが流行っているらしいが誠に理にかなっている。
うどん、ラーメンは、高糖質食。しかも腹持ちがいい、ということは消化が遅い。
他方ステーキは、低糖質、そのうえ、たんぱく質は消化が速い。
寝る前には食べないに越したことはないが、食べるなら、ステーキ!だ。

次回は、不可解な高糖質食、麺をとりあげよう。

by mihira-ryosei | 2016-08-18 14:52 | 糖質制限 Low Carbs
奇跡の夕食 こんだけ食べて、なにこの抵糖質!

6月27日の夕食。単身赴任の一人飯。
なんだか妙に張り切って、スーパーでお買い物。
メニューは全6品。

e0065380_11154149.jpeg
オクラと炙り明太子

e0065380_11165788.jpeg
小松菜のナムル


e0065380_11182479.jpeg
いか納豆

e0065380_11191278.jpeg
真子煮

e0065380_11195758.jpeg
豚ロースのステーキ(ネギ味噌添え)

いつもの糖質ゼロビールを飲みはじめ、たくさんのおかずに、お酒はいつしか芋焼酎のロックに変わっており。2杯、3杯、4杯と急ピッチに仕上がっていったのでした。

まあ、ご飯抜きはちゃんとできているので、こんな感じのメニューだと、食後1時間の血糖値は、120から130と見た。

ところがである。
なんと、86!! 86である。

e0065380_13112528.jpeg
こんだけ食べて、血糖値が100を切るという初めての結果。
これまでの「実験」に無くて、今回だけあるもの・・・・・。
そう!焼酎だ。それもロックがんがん。
ここでひとつの仮説、いまんとこ、僕だけに有効な仮説ですよ。

焼酎は、血糖値を下げる効果がある。








by mihira-ryosei | 2016-08-15 11:20 | 糖質制限 Low Carbs
まずは一週間

食事1時間後の測定は、6月21日から始めた。
できるだけ一日に一回は測るようにした。
僕は、基本一日二食、朝または昼と夕。

始めてから一週間の記録。
ちなみに、僕の趣味は料理である。

6月21日 朝食 自宅 193
ベーコンエッグ卵2個、納豆、ご飯120gレトルトをサニーレタスと味噌で包んで。

6月22日 昼食 学食 189
ベトナム風牛肉サラダ・ソーメン、鶏団子のチゲ
e0065380_09225491.jpeg
e0065380_09225491.jpeg
#写真ダブり、削除できない。

6月24日 昼食 187
山田チキンカリー

6月24日 夕食 自宅 118
ゴーヤチャンプル、鶏と野菜中華夫婦炒め、牛スジスープ、糖質ゼロビール
e0065380_09300313.jpeg

e0065380_09304596.jpeg
e0065380_09312683.jpeg
6月25日 朝食 自宅 133
納豆、サニーレタス、牛スジスープ、鶏と野菜の中華風炒め (要するに残りもの)

6月26日 朝食 自宅 128
アボカドと納豆、牛スジ野菜スープ

6月26日 夕食 自宅 117
炙り辛子明太子のサラダ、ピーマンのナムル、牛スジ炒め、牛肉と椎茸の炒め物、キュウリの韓国風和えもの、鶏肉とネギ味噌
糖質ゼロビール

つくり過ぎ?まあ、そうです。

e0065380_09454322.jpeg
e0065380_09463511.jpeg
e0065380_09472540.jpeg
e0065380_09482407.jpeg
e0065380_09490036.jpeg
e0065380_09494346.jpeg
6月27日 昼食 学食 207
沖縄ソバ
e0065380_09550475.jpeg

井上先生のいう、180を超えない、180から200というボーダー、そして200以上という危険水位。一週間の測定から明らかなことは、とにかくシンプルで、ご飯、麺が絡むと数値が上がるということ。その逆だと、どんなにたくさん食べてもあっさりと正常値を記録するということである。

なあんだ、そんなことならもう測ることはないか、そう思いはじめた僕に、奇跡の夜がやってくる。

6月27日の夕食である。

続く



by mihira-ryosei | 2016-08-13 18:53 | 糖質制限 Low Carbs
カレーという最強の誘惑

井上先生は、優しいのだ。
食後1時間の血糖値は、できれば180以下、200を超えない、を目標にというもの。
こーなりゃ、人体実験だな。
あー、でもこの実験、僕だけのためのものなんで、普遍的な法則を明らかにするもんではないですよ。

さあて、カレーである。
大好きで大好きで、糖質制限の前に立ちはだかる最強の誘惑。
カレー食後1時間の血糖値はどんなもんじゃろ。200超えは、お約束か。食べるべし。

まずは、別府の山田チキンカリー。

e0065380_14384197.jpeg

週5日、昼間だけ、料理人の姿は板塀に遮られ見たもの無し、無類に美味いカレー。噂が噂を呼び、謎が謎を呼び、たちまちにして人気店。
果たして、このカリーの実験結果は?

なんと!
187である。
これならたまには許される。
朗報である。

白状する。
後日、博多駅の 印度カレー で、我慢出来ずカツカレーを食べた。カレーピラフにムラムラきてしまった。
意外と低かった山田チキンカリーの値も密かな期待になっていた、

e0065380_14444891.jpeg
ところが・・・
e0065380_13161935.jpeg
その値、294!
やはりいけません、いけません、カツカレーは。
常食は間違いなく、血糖値を絶望的に引き上げる。

それでもめげることなく、カツカレーでなければいいんだろ?という強引な解釈で再度、実験。
これも博多春吉の名店 Tiki 。
タイの唐辛子を10本切り刻んで投入。

e0065380_14454321.jpeg

あー、思い出すだけで、アンコ唾は恋の花。
しかし、
その値 280⁈
ん?
カツカレーとあんまり変わらない!

カツが主犯ではないことになる。
となると、
やはりあいつか。
200を遥かに超えたカレーと
200を切ったカレー。

そう、それは、たぶん、小麦粉なんだろうと思う。
カレー色に巧みに紛れ潜んでいる白い奴。
小麦粉だ。
覚えとおこう、君のことは。










by mihira-ryosei | 2016-08-12 13:12 | 糖質制限 Low Carbs
食後60分の血糖値を計るーこのブログはそのレポートである。

ハナシは約2ヶ月前に遡る。昨年の8月の人間ドックで。1〜2ヶ月前の血糖値の平均値HbA1c(ヘモグロビンエイワンシー)という数値が6.3%になった。一昨年は6.0%なんで悪化していたのである。病院側からは、再検査の指示がでた。ところが、それを僕は多忙を言い訳に無視し続けていた。そして今年の人間ドックが迫って来たのである。1年間「宿題」をしなかったくせに開き直るのもできない駄目な僕は、6月別府市の黒木記念病院の井上先生を訪ねた。
なぜ井上先生か。別府市で唯一、糖質制限を取り入れておられる先生だとネット検索でわかったからだ。
ここでさらに、ハナシは10年以上前、2005年秋まで遡る。
大分県別府市の赴任先から、京都市に帰任したのである。そして体調がすこぶる悪い。とくに湿疹に悩まされた。まずは近所の開業医に。数値は忘れたが、高血糖、高コレステロール、高尿酸値、高血圧、肝機能障害が指摘された。「もう境界というより糖尿病や。一生つきあわなあかんよ」といわれた。で、大きな病院にもいった。一気に、何種類もの薬を処方された。体調は、う〜ん、いやむしろなんか良くない。
そんなとき、糖質制限を本屋で知った。本も読んでみた。
おそるおそる開業医の先生に話してみると、「あれはあかん、あれでどんだけエラい目にあった患者のしりぬぐいしてることか!」と怒りの反応。
でも、やってみた。ジム通いとプチ糖質制限。
ピーク時92キロあった体重は、1年後には最低74キロまで減少。
職場では「癌じゃないの?」といわれるほど痩せた。
体重減に合わせて、「数値は下降」。
大病院の先生も、「凄いですね?」。診察を受けるというより、僕の方が、どんなモノを食べているのかと説明する時間が増えていく。その女性の先生、肥えておられました。
お酒は減らしたわけでないのに、ΓーGTPも正常値になる。
そして、薬生活から脱却。一生つきあうといわれた糖尿病とも、高血圧とも、高コレステロールとも高尿酸値とも肝機能障害ともおさらばしたのである。

2014年1月。再び京都市から大分県別府市に赴任。
酒量、宴席が増えた。自動車通勤による運動不足。そして、糖質制限を意識しながらも、「弛み」が・・・。
2014年から16年まで、僕の体重は78.9kg→80.8kg→84.6kg、HbA1cは 6.0%→6.3%→ 6.5%へと、結果は明らかに、悪化ぶりを突きつけている。
その2016年の結果が出る直前に、僕は井上先生を訪ねたのである。
ザックバランというか、テキトーというか、話しやすいというか、いい意味で別府らしい先生でした。(笑)
e0065380_14410268.jpeg
「あなたは理屈のうえでは糖質制限は理解できているし、知識もある。問題はモチベーションを維持すること」といいながら、先生が差し出したのが、血糖値を計測する「メディセーフフィット」(TERUMO)であった。先生は、白い紙に、ヤマとタニをいくつも書いて、その間に一本の線を引いた。
「要するにHbA1cというのは、平均値、この線なんです。だからヤマの部分を下げて行けば血糖値は改善する」
(なるほど)
「食後1時間後か2時間後、血糖値の状態を計るのはどっちがいいか、両方計るとかあるんですが・・・・・(聞いてない)・・・・まあ、1時間後でいいでしょ」
(ふ〜ん)
「はい」

というわけで、僕の血糖値計測生活が始まった。


※HbA1c
 1〜2ヶ月前のの血糖値の状態を推定できる数値とされている。6.5%以上が、糖尿病型と 判定される。
※食後血糖値
 食後1時間の血糖値が180mg/dIから200mg/dIを目標とするのが今回の先生のご指示です。ただし、その場合も、食後2時間の血糖値が140mg/dIなら正常型、140mg/dIから200mg/diなら境界型、200mg/dIから糖尿病型と判断されるという意見もある。

by mihira-ryosei | 2016-08-11 14:38 | 糖質制限 Low Carbs