オギヨディオラは韓国の舟漕ぎの掛け声。1958年生まれのオヤジが趣味という数々の島々をたゆたいながら人生の黄昏に向かっていく


by mihira-ryosei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 e0065380_2323073.jpg
 とにかく、アメリカで何をしようかなどと考える余裕もないまま来てしまった。それで二日目の夜は、ブルーノートに行くことにした。場所を調べてタクシーで乗りつけ、予約は無いけど・・・と聞いてみると、運良く入れた。チャージ、ボックス席55ドル、バー席35ドル。もちろんバー席、本当に最後の一席だった。それにしても、ジャズ・ライブの老舗、総本山、たとえて言えば、浄土宗の知恩院のようなものだ、少しは堅苦しいのかと思っていたが、なんか顔色の悪い兄ちゃんが、無愛想に「へえりな~」という感じで入れてくれた。でも、ビールも7ドルして、高いよ。演奏は、席からは遠くの方、聞こえてくるのはポルトガル語、要するにブラジルのおっさんがやっていて・・・、なんやボサノバやん!でも音楽としては、気持ちのいいもの。
 ライブが終わったので、2階のショップを覗いてみる。Tシャツやステッカーなどを買う。古いブロマイドが売り切れていて残念。店を出て、中古レコード屋などを見る。ビートルズのLP盤、ジャケットだけで50ドルもしていた。前日、お寿司屋で教えてもらったライブパブに行ってみたけど、外から見てやめた。無人に近い店で、おっちゃんがギター弾いていて、しょぼかったから。
 仕方ないので、スポーツバーに入る。NFLアメフト、ニューヨーク・ジャイアンツとダラス・カウボーイズ。ニューヨークが優勢で、盛り上がりつつも、緊張感は無い中で、ギネスビールを飲んでホテルに引き上げる。
e0065380_2334033.jpg

 もう一枚の写真は、グランドゼロ。東京へ、成田へと向かう新幹線の電光ニュースで、「グランドゼロからいまだに遺体発見」が脳裏に残っていた。皮肉にも、ニューヨークでのミーティングは二日とも、グランドゼロが窓外の風景であった。
by mihira-ryosei | 2006-10-30 23:04 | 旅行
e0065380_2422584.jpg

 突然だが、ニューヨークとボストンに行ってきた。仕事です、仕事、研修だったのです。とにかく、約1週間に及ぶ、はじめての北アメリカ大陸訪問であった。なにせ、フリータイムが少なかったので、あまり紹介できるものはない。
 とはいえ、ニューヨーク。まずは、寿司屋に行った。京都で行きつけのバー・「バードランド」のマスターの息子さんが働いている店である。もう何年も会っていないとのことなので、写真でも撮って帰ろうと訪問した。この店、いっぱいのお客さんなのに、日本人らしき人々が少ない。なかなかいい。ニューヨーカーの食べる寿司をと注文した。そしておいしい。豆皿に盛った世界各地の塩や塩昆布で、刺身を食べさせるなどおもしろい。

e0065380_243195.jpg


 写真は、「ドラゴンロール」。アボガドとうなぎですな。濃厚な感じの一品。それにアートでしょ。「ロブスター天ぷらロール」。「スモークサーモントロ」。いけました。ニューヨークに行ったら是非にとオススメです。

e0065380_244028.jpg


 値段は・・・食べ過ぎた、飲みすぎた。高級日本酒をボトルでいってしまったり・・・。一人当たり100ドルを超えてしまった。でも、無茶食いをせず、バカ飲みしなければ、50から70ドルでおさまるのではないか。。
 鹿の山KANOYAMA WWW.kanoyama.com  
  175 2nd Avenue(Corner of 11th)
  212-777-5266 Mon-Sat 5:30pm – 12:00am Sun 5:00pm – 11:00pm

 最後の写真は、店構えの紹介のため。息子さんと私はぼかしている。僕は見苦しいので。息子さんはハンサムだけど、肖像権保護のため。
e0065380_2444339.jpg

by mihira-ryosei | 2006-10-30 02:45 | 旅行
 
e0065380_010040.jpg
 実をいうと、「冬ソナ」は歌えるが、見たことはない。「チャングム」はテレビ画面をながめた程度である。夢中になって見た韓国ドラマは、なんといっても「ホジュン」、次は「イヴのすべて」だろうか。そして、この1ケ月、毎週末、心を揺さぶられたドラマが、このモレシゲ(砂時計)である。1995年韓国で放映され、60%を超える視聴率を記録した。単なる大ヒットドラマではない。1980年の光州事件が、このストーリーを深く突き刺している。なんといっても、韓国の人々にとっては、はじめて映像表現で見た衝撃の事件なのだ。この事件当時、僕は大学4回生。デモに加わり、ハンドマイクを持ち、光州事件のことを訴えた。事件のドキュメンタリー映画上映会にも参加した。しかし当時、韓国では光州事件はタブーとされ全貌を知る人はきわめて少なかった。 ドラマは軍隊が自国の民衆を殺戮するという光州事件を前後して、独裁と民主のせめぎあいから1979年の朴大統領暗殺、「ソウルの春」、その後のまた再びの軍政という80年代前半をまでを背景に、3人の若者を中心に展開される叙事詩である。といっても政治ドラマではない。無二の親友でありながら、裏社会に成り上がっていくパク・テスと正義派の検察官カン・ウソク、そして、学生運動家に挫折し、反発していたカジノ王としての父親のあとを継ぐユン・ヘリンの三人を中心に、友情、恋愛、彼らをとりまく家族、仲間、同志、組織が活写されている。また、裏社会から資金を吸い上げていく政府の機関(KCIAのことなのだが)もリアルに描かれている。機関メンバーの人物像も興味深い。パク・テス役のチェ・ミンス、カン・ウソク役のパク・サンウォン、ユン・ヘリン役のコ・ヒョンジョン、三人の演技が素晴らしい。なかでも、ミスコリアのコ・ヒョンジョンの熱演が強く印象に残っている。脇を固める役者も実にいい。まさに韓国ドラマのすべての要素を兼ね備えた最高のドラマである。8月からDVDレンタル開始。知名度がないからいつでも簡単に借りることができた。 
by mihira-ryosei | 2006-10-13 00:10 | 韓国なんでも
e0065380_23571596.jpg


 先週金曜日、東京出張。新橋の駅で、「黒酢バー」という看板が目に留まった。人だかりがあった。「純粋 玄麦黒酢」150円を飲む。結構いける。体に効きそうな感じがする。この他にも、黒酢やりんご酢を、トマトジュースや豆乳や青汁などで割って飲む。ビネガーシェイクもある。関西にもすぐに来るだろうな。
 
e0065380_23474650.jpg


 土曜日、帰宅すると食卓の上に、高校に一日しか行かなかった19歳の息子、初の給料袋。1ヶ月勤めきった。もうニートじゃないな。じっと給料袋を見つめていた。
 
 息子のことは、キッチンの「手羽先とシーチキンのチャーハン」、「キムチポックムパップ」、本の「子供がニートになったら」でふれている。チャーハンのことを書いたとき、同じ子供の問題をかかえるお父さんから、何気なく書いた言葉なのに、ぐっと胸に来たという感想をいただいたことを思い出した。
by mihira-ryosei | 2006-10-02 23:52 | うまいもの 韓国京都以外