オギヨディオラは韓国の舟漕ぎの掛け声。1958年生まれのオヤジが趣味という数々の島々をたゆたいながら人生の黄昏に向かっていく


by mihira-ryosei
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0065380_0501773.jpg

 翌日の土曜日、マスターズリーグの試合があるというので、札幌ドームを訪ねた。札幌アンビシャス対大阪ロマンス。チケット売り場の前で、内野席2000円か、高いけど仕方ないか買うかと財布をとりだそうとした瞬間、ポンと肩を叩かれた。振り向くと、ファイターズのジャンパーを着たおじさんだった。「チケット買うのですか」と訊ねられたので、ダフ屋かなと思った。ところが、「招待券もらったけどあまりにも面白くないので出てきちゃいました。これあげます。」というのだ。丁寧にお礼を言う間もなく立ち去ってしまったファイターズおじさんであった。
 試合は4回ぐらいまで進行していた。大阪先発のセンター福本はもう退いていた。観客は数千といったところ。勝敗にこだわりのない試合だから、緊張感がないうえ、打者のボールがとにかく飛ばない。面白くない所以だ。懐かしいといっても大スターは出てこない。たとえば江夏とか、田淵とか。何故か、阪神の投手だった福間が、2番ライトでずっと出ていた。川藤がランナースコーチャーで、イニングが終わると、グローブを差し出すたくさんの子供たちに向かって、だらだらボールを投げていた。
  おおっと思ったのが、新浦がマウンドに上がったとき。ファイターズおじさんに最も感謝した場面であった。サウスポーの本格派。静岡商業のエース。小学校の講堂で観た市川昆監督、高校野球ドキュメンタリー映画「青春」が、彼との出会いだった。読売入団。その後、草創期の韓国プロ野球で、在日韓国人、「金日融」として活躍。このことは関川夏夫の傑作ルポルタージュ「海峡をこえたホームラン」に描かれている。帰国後、横浜で、技巧派に転身し、日本球界に復帰。今度は、糖尿病と戦いながらのマウンド生活。これは彼自身の著作で読んだ。
 どことなく哀感漂う、変転極まりない彼の野球人生。ずっと新浦がんばれと思ってきた。だから、初めて生でみることができてうれしかった。痩身、尖った鼻、ぴんと胸をはって、ゆったりとしたテイクバックから、しなりを利かせてボールを投げ込む姿は、往年の新浦を彷彿とさせる。


 
by mihira-ryosei | 2006-12-24 01:01 | スポーツ
  
e0065380_0435129.jpg

 中途半端に雪が残っていたり、ときおり降ったりする札幌に、先週末、出張で行ってきた。失礼ながら「北海道に美味いものなし」だと思っていた。どういうわけか期待のわりに、おいしかったとしみじみ思う体験があまりなかったからだ。
 e0065380_0444592.jpg
 今回、ようやく紹介したいという店が見つかった。おまかせ料理。ビール、焼酎など結構飲んで、一人7,000円ぐらいか。だから料理は5,000円程度かな。いきなり毛がにからスタートする。刺身は、天然の4年物のホタテ、ウニ。白子は、原了郭の黒七味をかけて。イカのルイベは、わたがいける。珍味珍味。その他、鵜川のししゃもあり。あとは覚えていない。おまかせとはいえ、腹具合に酔って料理をだしてくれるので嬉しい。フィニッシュは、冷しラーメンで。カウンターと座敷二間のこじんまりしたお店。話好きの大将。はじめてでも気楽に行ける。

e0065380_0453124.jpg


e0065380_0461114.jpg

      
                  *写真、携帯電話でとったので、写りが悪いです。すいません。

      かめやま 011-231-8895
      南3西3 プレイタウンふじ井ビル3階

 札幌に行くと必ず立ち寄るショットバー・STILL。同世代のママさんが、一人でやっている。
きわめて熱心にラーメン談義をやっているお客さんがいたりして、北海道だなあと思っていると、ママさんの幼馴染がやってきた。彼らの出身は、オホーツク海を望む漁業の枝幸(えさし)町。傑作だったのは、アザラシを飼っている寿司屋の話。子供のアザラシ三頭が店をうろうろしていて、ひれでお客さんのお尻をペタペタさわるというのだ。・・・・ホンマかいな。

      STILL 011-518-2332
      南5西2 第6グリーンビル6階

 
by mihira-ryosei | 2006-12-24 00:55 | うまいもの 韓国京都以外

寅さん賛歌

e0065380_184756.jpg


 土曜日の夜9時、テレビで見るものがなくて、リモコンのボタンを次々押していると、BS2で、「寅さん」をやっている。それでついつい惹きこまれて最後まで見てしまう。映画の後、山本晋也とNHKのアナウンサーたちとの素敵なやりとりも楽しむ。これを何度か繰り返していたが、今日ははじめて、土曜9時を意識して、「寅さん」を見た。
 「寅さん」映画が、本当にいい。それぞれに全部いい。その話を友人O君にしていたら、「ちょうどおまえとその話をしたかったところだ」といわれた。きっと互いに年をとったからだ。「寅さん」映画が心に沁みるのは。
 日本の風景が懐かしい。美しい国とか言っている人がいるが、そんなのは空虚にしか聞こえない。「寅さん」には、心の美しい人たちがたくさん出てくる。それぞれの物語の出来不出来をどうのこうのと訳知り顔で述べるのが煩わしくなってくる。もういいじゃないか。どれを見てもいいのだから。
 寅さんの「タコの経営する印刷工場に・・・」の「タコの」を聞いた瞬間から、涙と笑がこみ上げてくるのだから、どうしようもない。病気かもしれない。
by mihira-ryosei | 2006-12-10 01:09 | 映画・音楽
e0065380_0254576.jpg
 

 このカボスは抜群である。大分県安心院(あじむ)の久井田宙陽さんがつくった「有機無農薬・たねなしかぼす」である。僕は、別府にいるとき、久井田さんが合鴨農法でつくったおいしい「玄米」を食べていたことがある。
 久井田さんのチラシから。「普通のかぼすには、1個あたり20~30個の種があります。・・・略・・・たねなしかぼすは、ぶどうのようにホルモン処理して種を取り除いた物ではありません。突然変異で、たまたま種の少ないかぼすができた際、その木を接木して栽培した物です。」
 種が無いのは大変便利。それよりなにより、久井田さんのかぼすは、香りがいい。ジューシーである。酸味と甘さのバランスが絶妙である。甘さがもう少し進行すると、フルーツになってしまう、そこを踏みとどまってくれて、このかぼすなのである。
 さらに、久井田さんのチラシによれば、皮はそうめんなどの薬味、お菓子に。絞ったあとは、カボス湯に。種は化粧水にと、鍋、刺身、焼き魚、漬物、肉料理、味噌汁、お寿司以外にも用途だらけである
 僕は朝ごはんに、ちりめんじゃこにかぼすをジュッと絞ってかけて食べる。これはお奨め。
 かぼすの切り方、絞り方にもルールがある。横半分に切らなければならない。その半分を親指と人差し指で持ち、かぼすを斜めにして、果皮と外皮に含まれている橙皮油(香りをもっている)が同時にでるように絞るのである。保存方法は、5、6個単位でポリ袋に入れて、口を密封し、冷蔵庫にいれれば長持ちするとのことである。
  久井田さんは、1200坪のかぼす園を、除草剤を使わないで、育てている。つまり、収穫までたった一人でひたすら繰り返し、草を刈り続けているというのである。感動もののかぼすなのだ。


のーむの大地
 879-06
  大分県宇佐市安心院町久井田63
    久井田 宙陽
   電話&FAX 0978-44-0299
by mihira-ryosei | 2006-12-05 00:29 | うまいもの 韓国京都以外

薄ミノとテールのスープ

e0065380_22363383.jpg


 寒くなってきた。テールスープが食べたくなってきた。といわけで、いつもの「近江畜産」(京都市北区)に行ってみたが、「今日はテールがよく出てね、もうあらへん」ということなのだ。そこで、母から聞いていた店に。京都市南区東九条、映画「パッチギ」発祥の地である。その店、丸橋商店は、生ホルモン専門の店である。愛想のいいおばちゃんが対応してくれる。「今日はよう出る」ということだが、テールは残っていた。ついでに蜂の巣はと聞いてみると、「今は無い、夕方に検査が終われば入る」とのことである。新鮮だろうし、信用もできそうだ。
 「テールと一緒に煮込んで、うまいもんないですか」
 「ミノ、それも薄いミノはどやろ。もともとミノはハチノスの続きやからね」
 「ほなら(スープに)入れてみよか」
 「安しとくよ。あんたのお母さんも知ってるし。(グラム)200円やけど、150円でええわ」
 「こんなにいっぱいは要らんわ」
 「煮たら、縮むから」
 というわけで、薄ミノの調理方法を聞いて、がさっともらって帰る。蜂の巣はきれいに表面を
洗浄して売ってくれるようなので、今度、買いに来よう。

e0065380_22461964.jpg


e0065380_2352736.jpg


 テールをざっと洗って、大鍋で二度煮る。薄ミノは、洗ってから、小麦粉をまぶして表面
の脂分を掃除し、茹であげる。おばちゃんが言ったように硬く縮まったミノを再び、洗い、刻む。あとはにんにくを放り込んで、ひたすら煮込むだけだ。途中、薄ミノから出てくる脂の多さに驚く。何度か、オタマですくい上げる。
 煮ること、5時間で完成。

e0065380_22421560.jpg


 薄ミノは、確かに蜂の巣と風味が似ている。また、ぷよぷよと柔らかい。こんなことなら刻む必要はなかった。
 テールスープ・・・世の中にこんな美味いものがあるのだろうか。電気職人、三ヶ月を経過した息子が、しみじみと呟く。 

<丸橋商店 075-661-3679>
by mihira-ryosei | 2006-12-03 22:42 | キッチン