オギヨディオラは韓国の舟漕ぎの掛け声。1958年生まれのオヤジが趣味という数々の島々をたゆたいながら人生の黄昏に向かっていく


by mihira-ryosei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 札幌には、年に一度か二度、仕事で訪れる。観光はもう何年もないので、オフの楽しみは、当然、「食」になる。
 昨年行って気に入った店、狸小路6「めんめ」がいい。今年も、たっぷり食べた。店の名前の「めんめ」は、キンキの目・おめめのことだろう。そのキンキも、ウニも、ホッケも、目につくもの気になるものはすべて。同僚と二人で2万3千円は過剰。しかも、写真もとらず。
 翌日は、わりと有名な店にいったが、いまいち。「めんめ」で控えめに食べればよかったと後悔する。それで、ラーメン。美味いところがあるというので向かう。

e0065380_225357.jpg


 札幌ススキノあたりからは、歩いて10分とか15分とか。まだかな、まだかなと、イラツキはじめたあたりで、到着。東本願寺前という、まるで京都のようなバス停からすぐである。ちなみに、札幌の街は、「碁盤の目」のようで・・・といわれるが、なあんや、京都と同じかと思いきや、これが大間違い。札幌の「南4西3」というのは、ブロックを表しているので、河原町丸太町というのとは違うのだ。

e0065380_225282.jpg


 ラーメンは、「五丈原」。塩とんこつを食べた。一口目は、あれっと思うほど、味が薄くあっさりしている。麺はつるつるしていて歯ごたえもよい。食べるにつれて徐々に、コクを感じる。塩味が舌に広がる。おいしかった。空腹で来たかった。「純連」とか、「すみれ」とか、「けやき」とか、これまでの札幌ラーメンのブランドにはない味だ。面白いものみつけたと得意げだったのだが、ブランドラーメンとならんで空港にはもう置いてあった。
 
e0065380_2255439.jpg


 ついでに、スープカレー。21世紀になってブレークした北海道名物といっていいだろう。スープカレーとご飯が別々に出てくるので、どうして食べるのかと密かに悩んでいたのだが、今回入った店、北広島の「天竺」では、店の壁に食べ方のポスターが貼ってあった。要するに、ご飯にカレーをかけようと、カレーにご飯を入れようと、かまわないのだけど。ご飯をスプーンですくって、そのままスープに浸して食べるというのは、なるほどという感じもした。スープカレー、これは好き。とろみのないしゃらっとした食感、コクのあるスープに、ストレートな香辛料を溶かした味、ビジュアルをひきたてる大ぶりな野菜や肉など、いいものだと思う。


e0065380_22102952.jpg

by mihira-ryosei | 2007-11-11 22:07 | うまいもの 韓国京都以外