オギヨディオラは韓国の舟漕ぎの掛け声。1958年生まれのオヤジが趣味という数々の島々をたゆたいながら人生の黄昏に向かっていく


by mihira-ryosei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0065380_2148476.jpg

 数か月前、韓国ソウルで行った店の名前が面白かった。まずは、江南の豚のカルビの店。ハングルの看板は、「デブちゃん」と書いてあります。ハイ、日本語です。大阪生まれのイミョンバe0065380_21491834.jpgクが韓国大統領になったので、「日本はいけない」という障壁が急速に取り払われる気がする。もともと、親日派は何年でもさかのぼって、財産も没収するぞ!と法律まで定めた、ノムヒョン時代でも、赤ちょうちんの居酒屋、とんかつやがどんどん増えていた。「デブちゃん」という豚カルビの店は、日本語のわかる若者がニンマリする店だ。味は、まあそれなり。











e0065380_2214848.jpg

 いまひとつは、これも江南の店。コプチャン(小腸)の焼き肉で有名な店。元来、コプチャンはこのブログでも紹介したことがあるのだが、「労働者の食べ物」である。わいわいがやがや、煙モウモウ、油べとべとが当たり前である。この店は、コプチャン食べたいけど、小汚いのはいやという江南の金持ちのための店なのか。丹念に処理した上等の小腸が出てくる。僕のコプチャン好きを聞きつけて、友人が連れて行ってくれた店である。名前は、「オバルタン」。漢字で書くと、「誤発弾」。有名な小説の題名だそうな。なんとなくおかしい。
 味は、そりゃおいしかったけど、今度コプチャン食べにいくなら、やっぱり、いきつけの「ワンコプチャン」にいくだろうな。

 
e0065380_21561956.jpg

by mihira-ryosei | 2008-04-20 21:58 | 韓国なんでも
e0065380_18385086.jpg


 最近、「京都でおいしいラーメン屋知りませんか?」という問い合わせが、多い。京都といえば、隠れたるラーメンの名所。京都は学生の街。全国から集まった学生が長年にわたり、味を鍛えたとの話も。よって、とんこつ、醤油、みそなんでもありの名店揃いとなっている。
 僕がひいきにしているのは、京都府立大学近くの「いーちょ」。あとは気分次第。京都のラーメンは住んでいるという気楽さからか、博多ラーメンのように訪ね歩くという熱心さはない。だから、ラーメン本にある名店すべてを知っているわけではない。
 ところが、塩となると話は別。京都ではここしか知らない。「新宿めん」という名前もくっついているのがよくわからないが、塩味を感じる塩ラーメンらしい塩ラーメンである。麺のつるつる感もよろしい。「風花」。日航プリンセスホテルを東に向かい通り過ぎて、すぐ。

e0065380_1839960.jpg


 大阪となると、ラーメンはわからない。あまりおいしい記憶がない。いつぞやブログでとりあげた魚系ラーメン「洛二神」が印象に残っている程度か。
 大阪の高校時代、よく食べたラーメン。「揚子江」。もう三十年もごぶさたである。平べったい器、透明のスープ、細めんに、春菊をひらりとのせた、塩ラーメン。ああ、食べたい!
 それで、難波に仕事で行く用があって、「揚子江」を探し求めたが、梅田にしかないことがわかった。代わりに食べてきたのが、この「龍旗信」。なんばの「こめつぶ」なんとかという一帯にあった。本店は堺のようだ。
 京の「風花」と比較すると、なんといっても、こくのあるうま味スープが特徴。乾燥貝柱なんぞを惜しみなくつかったのではないかと思わせる風味である。大阪の塩ラーメンは、「揚子江」とここ。
 
by mihira-ryosei | 2008-04-13 18:57 | 京都なんでも

桜満開の植物園 

 久しぶりです。あまりにも投稿がないので、「病気でもした?」と電話をくれた遠方の知人もいました。元気です。
 ただ、仕事の中身が変わって、とてもとても忙しく、土日も慌ただしかったので、投稿できませんでした。それと、このような多忙な毎日、土日の空き時間は、Q-Chewsの練習に使っていました。
 今日は休み。京のまちに、桜がぶりっと開き出したと思ったら、もう散り始めました。万歩計の歩数を刻むために、家から歩いて、深泥ヶ池を通り、植物園に行きました。

 
e0065380_18282912.jpg


 植物園の桜林に直行。平野神社のように貫禄はないけど、満開でした。ライトアップの場所取りのようにおもえるグループが多かった。ここだと酔っぱらいはいないだろう。家族でも安心というもの。

 鴨川べりの桜、祇園新橋の桜に見慣れたためか、感慨も「ああ、満開か」程度のもの。それよりも、下のスノーフレイクの可憐に美しいこと。僕がほとんど信仰しているBOAの『メリクリ』の一節を思い出す。(あれは本当のスノーフレイクだけど)

e0065380_18172184.jpg


 これは、ボケの花。

e0065380_18334666.jpg


 結局、満開の桜より、植物園の花たちを楽しんだ。

 植物園北門を出て、向かいの駸々堂でパンを買って、2階で食べる。おすすめの場所です。
帰りは、狐坂を上り、宝ヶ池をくるっと半周して帰宅。
 桜は、むしろ僕の家の近所、長代川の袂のが、かっこよかった。

e0065380_18403913.jpg

  
by mihira-ryosei | 2008-04-06 18:41 | 京都なんでも