オギヨディオラは韓国の舟漕ぎの掛け声。1958年生まれのオヤジが趣味という数々の島々をたゆたいながら人生の黄昏に向かっていく


by mihira-ryosei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

祇園新橋に「初桜」 

e0065380_021573.jpg


 もう桜が咲いているんだ。なんかこんな早く開花されてしまうと、春がさっときて、さっと行ってしまうような不安な気持ちになるよ。
 祇園・新橋。

e0065380_094252.jpg

by mihira-ryosei | 2010-03-18 00:08 | 京都なんでも

マンデラの名もなき看守

e0065380_23162265.jpg

 インビクタス」を観てからというもの、僕の中の「マンデラ振動」が止まらない。お風呂で、「コシシケレリ アフリカ」を放歌することが増えた。夜中は小声でやっているが。「マンデラ」で検索して、音楽CDも申し込んだ。DVDも借りてきた。

「マンデラの名もなき看守」である。2007年、マンデラの生誕90年を記念して制作された映画である。なぜか、ドイツ、ベルギー、イタリア、南アフリカ合作である。実話という。

マンデラの獄中生活は実に27年に及んだ。看守にとって、一級の「国家的犯罪者」であるマンデラを担当することは、さぞかし、名誉なことなのだろう。そして、マンデラをとことん「かわいがる」ことで、役目を果たしていったのだろう。ところが、この映画に登場する「名もなき」看守は、弁護士でもあったマンデラから告訴されなかった唯一の看守なのである。彼も、もともとはごく普通の軍人でマンデラを白人国歌の天敵と信じていたのだが、幼い時に黒人の友達がいたことなどもあって、本当のマンデラを知ってしまうのである。
そこから彼と彼の家族の数奇な運命が展開する。時代は、そもそもありえないアパルトヘイト体制がようやく、徐々に終焉へと向かう過程にあり、映画の中でも、白人と黒人、大統領とマンデラ、看守と黒人の政治犯の立場が、変化していく様が面白い。

e0065380_23164139.jpg

by mihira-ryosei | 2010-03-07 23:17 | 映画・音楽

インビクタス

 
e0065380_0391529.jpg


 上映中、だらしないことに涙を流し続けていた。
 哀しい映画ではないのだが、涙をぬぐい続けていた。
 南アフリカ共和国。かつてアパルトヘイト(人種隔離政策)のもと、少数の白人が圧倒的多数の黒人を支配していた。世界中で、闘いが繰り広げられた。ちっぽけだけど、確かに僕もその中にいた。
獄中に27年間もの間、つながれていた指導者ネルソン・マンデラが釈放されたのは、1990年2月11日。この映画の始まりである。

僕はその年の10月の終わりに、東京のニューオータニホテルで、ネルソン・マンデラに会って、握手をした。そのあと、いっしょにいったメンバーたちと茫然と酒をのみ、最終の新幹線に乗り遅れ、翌日の始発で京都に帰り、出勤したのを思い出した。当時、マンデラを指導者としていたANC(アフリカ民族会議、後に政権与党となるが)のミュージカルグループAMANDLAの日本縦断公演の京都会場の事務局をしていた。ネルソン・マンデラに会ったのが京都公演の前だったか、後だったか思いだせないが、たぶん、後かな、とにかく、京都公演は、府立体育館を満員にして、AMANDLAの歴史上最大規模のものになったので、それで、お呼ばれがあったのかも知れない。

この映画でもたびたび登場する歌、「NKOSI SIKELE AFRICA」(コシシケレリ アフリカ)、南アフリカをはじめ多くのアフリカの国で国歌になっている。アマンドラ公演の数年前、映画「遠い夜明け」でこの曲に出会い、映画以上に衝撃を受け、もちろんAMANDLAの公演にいたるとりくみにおいてもよく歌った。この世で、もっとも崇高で、荘厳で、美しくて、力強くて、心を揺さぶる曲だと、僕は思う。だから、この曲を聴くだけで涙が流れてしまう。

http://www.youtube.com/watch?v=H8iZ8jIqrQo

映画は、とにかく観てほしい。おもしろいから。

e0065380_0394042.jpg

by mihira-ryosei | 2010-03-01 00:40 | 映画・音楽