オギヨディオラは韓国の舟漕ぎの掛け声。1958年生まれのオヤジが趣味という数々の島々をたゆたいながら人生の黄昏に向かっていく


by mihira-ryosei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

キムチチゲをめぐる冒険

 
e0065380_2036532.jpg

 知人が、キムチチゲ屋でもやろうかなと。それで、僕のレシピを教えてくれと。おい、おい、冗談ではない。キムチチゲをなめてはいけない。もっと深遠なもので、韓国の大地で、絶品をたくさん研究してから考えればどうかと答えておいた。
 でもよく考えてみると、僕自身、キムチチゲを韓国でちゃんと食べたという記憶がない。あまりに日常的なので、韓国の友人たちは僕をキムチチゲに誘わなかったのだろう。
 この8月、韓国にいったときに、ソウルの「キムチチゲ」の名店にフォーカスしてみた。ところが、どいつもこいつも日曜日休み。労働者、庶民の食べ物なのだということが窺える。ひとつだけ、検索にひっかかったのは、江南(カンナム)、チョンダム洞のチャンドクテ・キムチチゲだった。有機白菜キムチを100%使っているのがウリで、それらは3年ぐらいの熟成キムチなのだろう。行ってみて、一目で、ああ、これはキサシクタンだと。つまり、タクシーの運転手が好んで選ぶ食堂なのだ。期待がふくらむ。店は満員。壁には芸能人のサイン色紙でびっしり。

e0065380_2037457.jpg

 メニューはキムチチゲしかないので、特になにもいわないでいた。ちょうど目の前に、若いタクシーの運転手、向かい右手に中年の運転手が、まさに煮えたぎったキムチチゲを食していた。あ~そうだ、とラミョンサリを注文する。インスタントラーメンの麺だけを入れて食べる。一人前でも半分でも注文できる。キムチチゲには若干のおかずも、ご飯もつくので。

e0065380_20374677.jpg

 向かいの若い方のチゲがすっかり煮えているので、店のおばさん、アジュマが、若い方のコンロを僕の方にむけてチゲを置き、ガスを点火。強い火力ですぐにグツグツ煮える。そこへラミョンサリを投入。ここまではよかった。で、ところで飲み水はどこかいなとキョロキョロあたりを見回す余裕まであった。スープを味見する。酸味、コク、辛味、ほのかな甘み、すっきりとしたスープ、実にうまい、うまい、よかった、よかった、あいつにこの店のことをおしえてやらないとな・・・と。

e0065380_20382115.jpg

 そのとき、鍋に異変がおこっていた。ラミョンサリが急速にスープを吸収していたのだ。たちまちスープが底をつき始めた。若いのが親切に、火を弱めてくれる。すると、中年の方が、僕に大きなペットボトルの水を差しだしてくれた。おおそうか、これで煮詰めたスープをふたたび蘇生するのかと、僕は冷水を鍋にドボドボ注ぐする。これ見た中年の方は少し怪訝な表情を浮かべたが、気を取り直してすぐに若いのに火を強めよと促す。(たぶん二人は他人です)

e0065380_20384719.jpg

 いや~~うまい、水で薄めてもうまい。ところがまた強い火力ですぐにスープが底をつく、また若いのが火を弱める。水をドボドボ、火を強め、スープが底・・・を繰り返しているうち、店のアジュマがのんきにやってきて、「スンニュン?(スープいる?」といった気がする。「・・・・・あるんだ!」、やかんに入ったそれを注いでもらった。中年のほうは、ほっとしたような顔をした。今度はアジュマが点火してくれた。珍しく動転していた。かすかに手が震えていた。前の運転手、二人が起ちあがった。目で謝意。微笑みがえし。日韓の真の友情の発露。
 なんということだ。キムチチゲをなめていた。まともにキムチチゲのことを考えたことはなかった。これこそ韓国料理の王道ではないか。庶民の伴侶ではないか。素材が単純なだけにこだわり、スープを極めている。
 これからはキムチチゲが増えそうだ。
by mihira-ryosei | 2010-08-28 20:39 | 韓国なんでも
宇都宮で餃子をパクつき、日光東照宮の見学、そして夕食は水戸である。
e0065380_0293358.jpg

こうなりゃ、常陸牛というわけで、「巨匠」という鉄板焼き・ステーキの店を予約。牛を食らうという点においては、関東は関西にはかなわないのか、ブランド牛は東日本にはあまりないのではないか。松坂、近江、但馬、伊万里、宮崎・・・・・。

e0065380_0295131.jpg

店の方も、「前沢牛は有名ですけど常陸牛はねえ・・・、おしいしいんですけど・・・・」。
自信をもっていいと思う。ただ名前がブランドになるには難しい。いっそ日立にするか、イバ牛にするか・・・。


e0065380_0302463.jpg

翌日仕上げはラーメンである。水戸の有名店、「天天」。
大盛況であった。このような濃厚な魚系だしは、最近ぼちぼちでてきたとはいえ、なかなかここまで思い切った濃厚さにはお眼にかかれない。僕の体験でいえば、天満の「洛二神」、京都の「高倉二条」、あと高野のなんとか座(くら)だけど、及ばない。おすすめです。関東のラーメン食ってる感がありあり。
e0065380_0305351.jpg


e0065380_031852.jpg


で、東照宮についてはこの2枚。ひとつは壮麗な陽明門の解説だけど、なんか日本語が変だ。

e0065380_0352832.jpg


さらに眠り猫。よくわからないからと大きな札がで~んとあるのが、「ここで眠ってまっせ!!」とうるさくしていておかしかった。おちおち寝てられまへんな。お猫はんも。


e0065380_0361230.jpg


神になった家康および徳川家の功績。朝鮮に一兵の兵も送らなかったこと。朝鮮通信使との友好を育んだこと。とにかく幕末まで戦争せんかったこと。
竜馬がせっかく命かけてつくった明治政府の方がよっぽどあくどいかもな。
大阪人のくせに家康に優しいのは、「影武者徳川家康」(隆慶一郎)の影響かな。
この間のQ-Chewsのライブ、「夏の陣」ってタイトルつけたら、同級生から、「(夏の陣)は負け戦やんか」と物言いがついたんだから。大阪には豊臣家背負ってる奴がまだおる。
by mihira-ryosei | 2010-08-15 00:31 | 旅行
e0065380_10351012.jpg


二日目は少し遠出して、宇都宮で昼食してから、日光東照宮にいくことにしていた。

宇都宮が餃子日本一の消費量を誇っている町だということは知っている。最近、浜松に追いあげられているということも。

e0065380_10353410.jpg


手っ取り早く食べようということで、餃子店が集合している「来らっせ」に。入口の各都市別餃子消費量によると、過去に京都も上位3傑に入っていることが多いのに驚く。王将効果か、間違いないだろう。

e0065380_1036579.jpg


食べたい餃子の店にいって、注文し、お金を払う。ちっちゃなプレートをもらって食卓においておくというと、定員さんがとどけてくれるという仕組み。

e0065380_10363324.jpg

あっさり、ぷりぷりの「めんめん」の蒸し餃子が好評で、お替りされていた。
他は以下の通り。餃子は餃子なので、がんばってつくればうまいに決まっている。うまさにおいて特別の感慨もないが、餃子で生きていく決意をした町に来ているという実感は湧いた。確かに、豚骨ラーメンとか、明太子、八つ橋みたいに、それ自体がある程度の地域性を有しているわけではなく、どこにもある普遍的なもので、目立とうとしたわけで、これはかなり難しことではないかと思う。
だいたいどんな味かは想像がつくから、餃子をめざしてわざわざ行くのかという感じはする。でも、そう考えながら、すべての店に餃子を注文し、うまいうまいと食べている関西のおっさんもいるわけで・・・・。

e0065380_1037132.jpg


e0065380_10373988.jpg


e0065380_10383377.jpg


e0065380_10392139.jpg


ラー油マヨネーズのご飯、餃子のサラダもあり。

e0065380_10393973.jpg


e0065380_1040295.jpg


帰りに売店で、餃子ストラップを買った。色の濃さによって、水餃子、焼き餃子、揚げ餃子と表現しているようだ。

e0065380_10411973.jpg

by mihira-ryosei | 2010-08-13 10:41 | 旅行
 
e0065380_2364591.jpg


 娘を訪ねて、ヨメハンと茨城県水戸市へ。
 夕方、大洗海岸へ。東映映画のはじまり、はじまり~~~のあの荒々しい、いかにもヤクザ映画に似つかわしい海岸は、ここ大洗海岸だそうな。

 そんなことより、行った先は、海岸にほど近い、「土びん」というお店。娘は冬に来て、アンコウ鍋を賞味したそうな。出汁は水ではなく、すべてアンコウの水分でしあげた鍋とのこと。その話を何度も何度も繰り返すのには、閉口した。
 店は、地元のおっさんが、U字工事にドスを効かしたような声で、わいわい言いながら飲んでいた。きっと、うまいっぺ(?)と思わせてくれる雰囲気だ。

e0065380_23748.jpg

 刺身は、カツオが素晴らしく美味だった。イワシ、ウニ、お化けのような岩カキも。
e0065380_2372348.jpg

e0065380_2374117.jpg

e0065380_238287.jpg

 揚げ物は、目光、ヒラメ。これも◎。
e0065380_239621.jpg

e0065380_2392066.jpg


 焼き物は、ほうぼう。僕はこれが一番うまかったな。あっさりしていて、ほくほくしていて。

e0065380_2395659.jpg


 最後、海鮮丼とかできます?とメニューにはないものを注文してつくってもらった。
 アラ汁、シジミ汁と食べたのだが、このお椀が小型の洗面器みたいで、一同、満腹。

e0065380_23101724.jpg


 ヨメハンは、この夜から、娘の勤務先にかかわりなく茨城県への移住を夢見るようになったし、京都に帰ってきてからも、「注文の順番を間違えた、今度行ったらもっとうまく頼めるのに」とこれも、何度も何度もしつこく悔んでいる。

ビール、お酒少々飲んで、3人で12,000円でございました。ごちそうさまでした。

 今度行くときは、ペース配分、注文する量に十分配慮すること、できれば「アンコウ鍋」にありつくこと。

 結局、歴史にうるさい僕は、水戸滞在3日間、偕楽園にも、弘道館にも、近寄ることはなかった。





 
 
by mihira-ryosei | 2010-08-12 23:10 | 旅行

僕らの千里ラプソディ

 
e0065380_2257503.jpg


別府から帰ってきたら、『僕らの千里ラプソディ』、OFFICIAL SITE とかなんとかいって、公開されていた。おいおい、ボーカルはこれから本気で録音するやで、と思ってたのに。ちょとやばいとこあるよ、ほんと。
 まあ、途中公開ということで、聞いてやってください。
 
http://www.apples.co.jp/9/index.html
by mihira-ryosei | 2010-08-07 23:01 | Q-Chews