オギヨディオラは韓国の舟漕ぎの掛け声。1958年生まれのオヤジが趣味という数々の島々をたゆたいながら人生の黄昏に向かっていく


by mihira-ryosei
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

スーチカ・ラーメン~醤油風味~

 
 
e0065380_1111379.jpg
再びスーチカに挑戦。先週日曜日に塩漬けにしておいた豚バラ肉塊2本と豚モモ肉塊1本を表面の塩を洗い、水から一時間ほど煮る。塩は前回のスーチカが「やや塩辛い」との声もあったので、塩漬けだから当たり前と反論したいのを抑えて、今回は、アンデスの赤い岩塩を起用した。豚だしのスープに、昆布を入れて少し煮てからとりだす。このスープをつかって、ラーメンをつくることを思いついたのだ。
 e0065380_114030.jpg
 つけ卵を仕込む。ゆで卵の殻をむいて鍋に放り込み、醤油、みりん、酒をドボドボかける。ついでに豚だしもかける。ときどきくるくるとひっくり返しながら、三時間ほど漬け込む。生協で、グリコの麺と鶏ガラ醤油のエキスを買ってくる。
 あとは順番どおり。ラーメン鉢にエキス、豚だしスープを加え、そこにゆがいた麺を入れる。スーチカは、モモ肉はそのまま、バラ肉は軽く炒めてから、麺にのっける。ネギとつけ卵を添えて完成。
 美味いもんだ。ラーメン屋さんでも開業しようかなど軽口もとびだす。豚だしが残っているので、明日は何をつくろうか。
 ところで今回は、コピーライターの友人N氏絶賛の『笑う沖縄ごはん』に刺激を受けた。この本ではスーチカーと語尾を伸ばしてある。そのスーチカーに関する沖縄の市場のおばちゃんのコメント、「まず水洗いしてね、塩とってね。水から30分ぐらいゆでるの。それでゆでこぼしたら、また水からゆでなさいね」とある。僕はそんな面倒くさいことはしていないけど。
 Halさんのおかげで(せいでとはいわない)スーチカ旋風吹きあれた4月である。
by mihira-ryosei | 2006-04-30 01:20 | キッチン