オギヨディオラは韓国の舟漕ぎの掛け声。1958年生まれのオヤジが趣味という数々の島々をたゆたいながら人生の黄昏に向かっていく


by mihira-ryosei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

dog ear 12 きもちのいい家

e0065380_2351285.jpg


六年半の単身赴任生活を終えて、京都に帰ってきてからぼんやりと考えていたこと。引越しである。今のマンションに住んでもう19年になる。ベランダの向こうに森が続き、玄関からは賀茂川が見渡せる。得がたい環境である。たったひとつの不満はやや狭いということだ。両親やゲストに泊まってもらったり、親戚や友人と食事をしたりする十分なスペースがない。僕個人の贅沢な事情を言えば、単身赴任先で使っていたお気に入りのベッドは他に預けたまま。なんとしても取り返したい。昨年買ったK-ヤイリのアコースティックギターは、スタンドに立てかけておく場所がなくケースに収納している。ギターが息苦しいのではないか。あるいは小さくても木を植えたい・・・などなど。考えてみれば家族それぞれも事情があるに違いなく、そんなことで新しい家に興味を持った。

e0065380_2355985.jpg

 この本はそんな心境のとき、偶然手にとったものである。
 常に青シャツを着ている夫・手塚貴晴と赤シャツしか着ない妻・手塚由比、この二人の建築家が創りだす「きもちのいい家」が面白い。広い屋根の上で家族がのんびり過ごす「屋根の家」(写真上)、海に巨大な窓を開いた「腰越のメガホンハウス」、軒とデッキが4mつきだしていて雨でも開放的な「軒の家」(写真下)、家に寝ながらいつでも空を見ることのできる「空を捕まえる家Ⅲ」、長さ16m、幅4.2mの細長い1ルームの引き戸を開け放つと巨大な縁側が出現する「縁側の家」など独創的な家、「ありそうでなかった当たり前の家」が次々と登場して、実に楽しい。だいたいどの家も50坪前後の敷地で、小さい家ではないが、豪邸でもない。
 「もし知らないジャンルの音楽を聞く施主であったなら、そのCDを買って聞いたりします。住宅は少なくとも30年、場合によっては百年を超えて使われることもあり、ハンドバックや靴のように気に入らないからといって、簡単に取り替えることはできません。だからこそ建築家は住み手の心理を洞察し、そのうえで施主の予想を凌駕した回答を用意しなければならないと思うので、自らCDを買って聞くわけです。・・・プゼンテーションするために1ヶ月ください。・・・その1ヶ月間、僕たちはひたすら模型をつくります。考えられることをすべて形にしてみようと、一軒の住宅でつくる模型は百個あまり。できた模型を前にして、ああでもないこうでもないと話し合いながら作っては壊し、作っては壊しを繰り返して、少しずつ絞り込み、最終的に一つの模型に集約するのです。実際に施主にお見せするは、この最終案にたどりついた、たった一つの模型のみ。」
 こんな建築家と家を建てることができたらどんなにいいだろう。きっと家を建てるという物理的な枠組みを超える、もの凄い世界を見せてくれるだろうな。
 さあて、どうしようか。

『きもちのいい家』 手塚貴晴+手塚由比 清流出版 2005年12月

e0065380_2333490.jpg

by mihira-ryosei | 2006-05-28 23:03 |