オギヨディオラは韓国の舟漕ぎの掛け声。1958年生まれのオヤジが趣味という数々の島々をたゆたいながら人生の黄昏に向かっていく


by mihira-ryosei
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ニューヨーク&ボストン 4

e0065380_2346456.jpg


 アメリカから帰ってきてもう2週間経ってしまった。いつのまにか京都もアメリカと同じくらい寒くなっている。それしても飲みごとが多い。僕は手帳に、たくさん飲んだ日は赤マル、少し飲んだ日は青マル、ノンアルコールの日は緑マルをつけている。青・緑VS赤で、○勝○敗と評価しているのだが、今月は3勝9敗。借金6は今年最悪である。
 昨日は土曜日にもかかわらず、朝から仕事、夕方はパーティー、夜も仕事。帰りに山科で一杯やって、祇園へ。行くのには堂々たる立派な理由があった。バードランドのマスターに、息子さんの写真を届けにいったのだ。とても喜んでくれた。というわけで、九州は宮崎なまりまじりの京都言葉を話すCちゃんも参加して、しばし、お酒を飲む。珍しくシングルモルトには手をつけず。アイリッシュで、タラモアデューのソーダ割り、ハバナクラブの水割り、スプモーニ。ハバナクラブはどうやって飲もうかなと問いかけると、マスターが「水割りがいいですよ」と。なんでも、「グロッキー」の語源はハバナクラブにあるということ。グロッキー将軍という人が、ハバナクラブも水で割って飲んだら大丈夫とばかりに飲み始めたら。おいしくて飲みすぎて結局、ヘベレケのヘロヘロ。というわけで、グロッキーという言葉が生まれたというけど、ホンマカイナ。ハバナクラブを飲みながら、20年前のニカラグア、キューバでの僕の「武勇伝」を披露。アホです。ホンマ。
 上の写真はMIT(マサーチューセッツ工科大学)のコンピュータセンター。僕のとった写真よりパンフレットの写真の方が建物のユニークぶりがよくわかる。
 下の写真は、ボストンで見たNBA。ボストン・セルティックとトロントの試合。地味な地味な試合。広島とオリックスという感じかな。築何百年だったか忘れたがとにかくとても古い宿を改良してできたレストラン。そこで食べたオニオンスープ。
e0065380_23422348.jpg

 
e0065380_23433940.jpg


e0065380_23451738.jpg

by mihira-ryosei | 2006-11-12 23:46 | 旅行