オギヨディオラは韓国の舟漕ぎの掛け声。1958年生まれのオヤジが趣味という数々の島々をたゆたいながら人生の黄昏に向かっていく


by mihira-ryosei
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ヘルペスとトンカツと若冲と

 二週間ほど前から、肋骨やら背中が、ジンジン痛んでいた。内部からの痛みではなさそうなので、深刻には考えていなかったが、あまりに時間が経過するので、休日の今朝、病院に行ってきた。肋間神経痛、なんか気になる発疹もあり、ヘルペスの疑いありと・・・。しばらくは抗ウィルス剤を服用して様子をみることに。

e0065380_0242081.jpg


良心的トンカツ屋

 友人のT君家族行きつけのうまいトンカツ屋があるという話を思い出した。僕の家の近所だ。行ってみた。
「良心的」という言葉は、店主の顔にしか書いていないものだ。そう実感させる店である。カウンターの中では、60は越えておられる、であろう店主、オヤジさんが、お皿に繊細に野菜を並べている。キャベツを雑駁に盛るということはしていない。キャベツ、トマト、きゅうり、たまねぎ・・・美学を感じる。奥さんだと思うが、ひたすらトンカツを揚げている。なんか役回りが逆のような気もするが、よしとしよう。
 トンカツ定食を注文する。ヘレカツは1500円だ。細かいパン粉で、表面はざらざらしていなe0065380_0251056.jpgい。しかし衣はがっしりと肉を包んでいる。肉の方は、歯ごたえがあり、あっさりしているが、脂身もうまい。ところで、とんかつ定食の要素の中で案外重要なのが、赤出汁とご飯。特にご飯がおそろしく味がいい。おかわりしたことはいうまでもない。
 1000円は満足の価格である。

 とんかつ専門店 いなみ 075-721-5796
 京都市左京区上高野薩田町9の1
e0065380_0253564.jpg


若冲展

 満腹になったところで、元気を出して、若冲展に行ってきた。広小路に車を停めて、京都御苑を通り抜けて、相国寺の美術館に向かう。大変な混雑で入館制限、80分待ち・・・。痛みを振り切るように、覚悟を決め、観た。確かに、実物の「動植さい絵」30幅には、感銘を受けた。帰りにショップで、「群魚図(蛸)」、「菊花流水図」、「南天雄鶏図」、「群鶏図」、「牡丹小禽図」、「芙蓉双鶏図」などのはがき、しおりなどを買った。それにしても人が多すぎた。くたびれた。
 6月3日まで。
e0065380_026741.jpg

by mihira-ryosei | 2007-05-27 00:28 | 京都なんでも