オギヨディオラは韓国の舟漕ぎの掛け声。1958年生まれのオヤジが趣味という数々の島々をたゆたいながら人生の黄昏に向かっていく


by mihira-ryosei
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

年末日記

 大晦日。いかがお過ごしでしょうか?

 本日、目覚めは10時頃。朝3時まで、DVDを見ていた。韓国ドラマ『第5共和国』。休みへの意気ごみから、10枚一括レンタルしてしまった。1月4日まで見なければならない。ちょっとしまった。内容はもの凄い。1979年朴大統領暗殺から、チョン・ドゥファンが軍事クーデターで政権を奪取し、大統領になって・・・という過程が、胸糞が悪くなるほど実にリアルに描いている。知らないことが多かった。

e0065380_23564643.jpg


 テレビのバラエティで、大阪に関するクイズをやっていたので、しばらく見る。今年は大阪によく行ったなあ。大阪人としての「民族意識」が覚醒された年のようだった。
 
 昨夜から居座っている屋根裏部屋で、ロジャーなんとかというアメリカおじさんのCDを聞きながら、ボイストレーニング。ライブまで2週間切った。

 CD「エッセンシャル レナード・バーンスタイン 指揮者編」を聴く。というより、「指揮」する。とても他人に見せられた姿ではないであろう。悦楽と怒り、愛と孤独・・・狂気のごとく「指揮」に取りつかれた姿は。演目は、「ショスタコービッチ交響曲5番」、「マーラー交響曲2番」。

e0065380_23585663.jpg


 シャワーを浴び、友人Tのスタジオに。二人でギターの弾きおさめ。やはり、バンドは二人ではさまにならない。アンプのボリュームをチェックしたり、ライブの参加状況を確認したり。40名の限界に迫っているとのこと。満員、だがしかし、幻滅と罵声の光景がよぎる。

 帰り、書店に寄る。『自壊する帝国』(佐藤優)、『ゴールデンスランバー』(伊坂幸太郎)買う。今野敏を読みすぎた。

 帰宅して、テレビがフリーになっているのを幸い、DVD、『第5共和国』5枚目。チョン・ドゥファン、クーデター成功!ますます胸糞悪い。
 
 夕食後、屋根裏部屋に。
 バースタインのベートーベン全集。「田園」、「第九」。坐禅のようにして聴きいる。これは「浄化」なのだ。今年1年の。大変でした。いろいろ。いろいろ。あれこれ。あれこれ。
 ベートーベンのピアノソナタ。「29番 ハンマークラービア」。これは超絶技巧のピアノ曲。
締めは、「31番」。30年来、僕の最も愛するピアノ曲。ホントに心が洗われ、そして希望が見える曲だ。
 
 ブログを書いていたら、年が明けた。今年は良い年になりますように。

 
e0065380_001135.jpg


 
*写真は、韓国の韓屋村の壁
by mihira-ryosei | 2009-01-01 00:02 | よろずヨロカジ